ソリューション

空の旅での生体認証

チェックインから搭乗まで、生体認証技術を活用すれば本人確認が迅速かつ正確になり、安全でシームレスな旅行が実現します。

Pre-Security Boarding Shopping Bag Drop Lounge Access Mobile Check-In Immigration Airport Check-In OR

旅は信頼できる本人確認から

本人確認は空の旅に欠かせません。 セキュリティと安全の確保のため、空港全体で旅行者の身元を何度も確認する必要があります。 それは長蛇の列、度重なる本人確認につながり、イライラした人々が空港ターミナルを埋め尽くすことになります。 

しかし、旅行者、航空会社職員、空港運営会社、警備員にはよりスムーズな体験が与えられるべきです

生体認証による本人確認:
空港での体験を大幅に向上

生体認証には、空の旅における本人確認を近代化し乗客をより速く、より簡単に、より安全に、そしてより簡単に空港のチェックポイントに移動させる性能が備わっています。

飛行機利用者の ID 検証を、指紋顔認識などの安全で正確な生体認証技術によって強化することができれば、誰もが恩恵を受けるのです。

自宅から空港のゲートまで、生体認証技術は旅行体験に革命をもたらす存在になるでしょう。

verify user icon

搭乗者体験の向上

airport icon

空港のセキュリティ強化

3 arrows and cog icon

運用効率の向上

border control icon

出入力管理の強化

搭乗者チェックインのための生体認証

シームレスな旅は、安全なモバイルチェックインやオンサイトチェックインから始まります。  

チェックインの際、乗客は政府発行の身分証明書 (パスポートなど) を認証し、自撮り写真と身分証明書を照合してデジタル旅行認証情報を作成します。 このプロセスは迅速かつ効率的で、ほんの数秒で完了します。

そしてそこから搭乗者は空港の ID チェックポイントを滑るようにスムーズに通過できます。自分の顔が搭乗券になるのです。 プロセスとしては非常にシンプルです。

air travel credential on phone

手荷物預入での生体認証

person using facial recognition at airport baggage drop

乗客は AI を活用した顔認識活用してセルフサービスの手荷物預入を行うため、簡単な外観で安全な本人確認が実現されます。

顔認識により、旅行者と受託手荷物は安全に照合され、つなげられます。 顔認識は瞬時に完了するため、手作業による本人確認の負担がなくなり、プロセス全体のスピードアップと人為的ミスの最小化につながります。

また、自動 ID 認証システムは便利で使いやすく、空港の効率向上に貢献します。そのため手荷物ステーションのスタッフの必要人数を減らせます。

空港保安検査のための生体認証

空の旅で一番イライラするのは保安検査場だといっても間違いないでしょう。 長蛇の列、混乱、身の回り品の持ち出し、ストレスといったマイナス要素が多く、旅行者は疲れ果ててイライラしてしまいます。

顔認識を活用すれば、保安検査場を通過する人々を迅速に検証できるため、搭乗者に安心感を与えられます。その結果、乗客と警備員の双方のボトルネックやストレスを取り除くことができます。

AI、マルチスペクトルイメージング (MSI) 技術、高度なプレゼンテーション攻撃検出 (PAD) など、卓越したエンジニアリングの層を顔認識技術に組み込むことで、高いマッチングパフォーマンスを実現して不正行為を防止し、空港のセキュリティと安全性を大幅に向上させます。

person using facial recognition at airport

ターミナル全体で生体認証を採用

person using facial recognition at duty free shop

顔認識は依然として高い人気を誇っており、本人確認が必要な空港ターミナル全体で採用されています。例えば、VIP ラウンジへのアクセス、免税店での会計など利用されています。

しかし、空港は独特な施設でもあります。照明は暗くまた背景が混雑しているからです。これらは多くの空港で正確な生体認証マッチングを提供する上で共通の障害となっています。

優れた顔認識カメラは、これらの障害を解決すると同時に、障害を克服しながらも多様な旅行者の人口統計に関するマッチングバイアスを減らすように設計されています。   

搭乗時の生体認証

顔認識と高度なアクセスゲートを組み合わせることで、乗客は「ペーパーレス化」し、スムーズなセルフボーディングを行えます。  

生体認証による自動搭乗ゲートを構成するのは、HID の AI 搭載 U.ARE.U™ カメラ識別システムASSA ABLOY の受賞歴のあるスピードゲートです。 乗客の顔を迅速かつ正確にスキャンして ID を確認し、許可された旅行者のみが飛行機に搭乗できるようにします。

この生体認証によるセルフボーディングプロセスにより、搭乗券の確認や ID の確認が不要になります。その結果、待ち時間が大幅に短縮され、セキュリティが向上し、搭乗エリアで必要なスタッフの数が抑えられます。

self-boarding airport gate

出入力管理用の生体認証

facial recognition at immigration checkpoint

テンプリントスキャナー顔認識などの生体認証技術は、その迅速さと正確さにより、交通量が多くセキュリティ (空港や国境検問所など) が厳しい環境での本人確認に理想的なツールです

国境当局は、高性能な生体認証および ID 文書リーダー技術を武器に、市民と国家を守りつつ、より安全で効率的な旅行体験を提供することができます。

HID の生体認証における最新開発情報


始めるのに助けが必要ですか?

私たちの専門家は、あなたの組織があなたの最初の動きを理解するのを助けるためにここにいます。

始め ましょう