製品

HID® NCITE® Vetting Service™

州および連邦の法執行機関のデータベースを介したクエリの送信を可能にする
HID® NCITE® Vetting Service™
概要

NCITE Vetting Service は、連邦、州、地方の法執行機関のデータベースへのクエリの送信とデータの取得を容易にする API です。 返されたデータは、HID 独自のアルゴリズムにより処理され、応答に審査のフラグを立てる必要があるかどうかが決定されます。

審査サービスの主な機能は次のとおりです:

  • 電子身元照合
  • SSN 検証
  • DMV 写真取得
  • 事前定義されたルールに対する犯罪歴の自動スクリーニング

NCITE Vetting Service が処理するデータには、National Crime Information Center (NCIC) の連邦データベース検索で入手できる以下のようなファイルが含まれます:

  • 行方不明者ファイル
  • 外国逃亡者ファイル
  • 身元詐称ファイル
  • 入国管理違反者ファイル
  • 保護命令ファイル
  • 監視対象リリースファイル
  • 身元不明者ファイル
  • 米国シークレットサービス保護ファイル
  • ギャングファイル
  • 既知または相応の理由があり疑われるテロリストファイル
  • 指名手配者ファイル
  • 全米性犯罪者登録ファイル
  • 全米犯罪歴即時照合システム (NICS) ファイル
  • 暴行者ファイル

NCIC は、すべての州の犯罪ファイル番号を要約し、犯罪歴記録情報 (CHRI) を持つ個人の FBI 識別番号を含む州間識別インデックス (III) レポートも提供しています。 CHRI は、人物が犯罪を犯した時点で生成されます。

クエリの結果が返されると、NCITE Vetting Service は、カスタムアルゴリズムを使用して提供された情報を解析・解釈し、返されたデータを事前定義された基準セットに照らしてチェックします。 チェックの結果、合格/不合格の応答が得られ、個人のアクセスを施設に許可する必要があるかどうかを判断する際に使用できます。

主な利点

  • 身元検査を手動で実行する必要がなくなるため、スクリーニングにかかる時間を数分から数秒へと短縮できます。
  • 人間による審査と組み合わせた自動スクリーニングは、人間による審査のみよりも正確
  • 物理的な ID 検証と組み合わせることで、本人確認の信頼性を最大限に高めることが可能
  • 豊富なドキュメントを揃えた API とサンプルコードにより、シームレスな統合を実現