ソリューション

銀行および金融における生体認証

セキュリティと利便性、優れた顧客サービスのバランス

生体認証は銀行業務をどう変えるのか

セキュリティの強化と規制コンプライアンスのバランスが取れた優れたカスタマージャーニーを提供することは、今日の金融業界にとって非常に重要なものです。

顔認証指紋認証技術などの生体認証は、絶え間ない不正使用の課題に対処するだけでなく、効率を高め、身分証明と検証が必要なすべての銀行のタッチポイントで顧客が安全でシームレスな交換を行えるようにします。  

Mobile Onboarding Mobile Banking Online Banking At the Branch At the ATM ATM

銀行業務における生体認証: 正確な本人確認による課題への対処

handshake icon

顧客体験の向上

badge and lock icon

セキュリティおよび不正防止の強化

clipboard icon

規制へのコンプライアンスのサポート

group of people icon

金融包摂の加速

銀行が生体認証を使用して現実世界の課題をどのように解決しているかをご覧ください。

顧客オンボーディングのための生体認証

顧客が口座開設時に指紋または顔、そして身分証明書を登録するところ ー これがジャーニーの始まりです。 生体認証があれば、顧客の本人確認 (KYC) チェックのセキュリティを強化し、権限のない人物がアカウントを開設したり、顧客になりすましたりすることが困難になります。

顔認識カメラ指紋リーダーなどのテクノロジーにより、銀行は支店内またはオンラインを問わず、迅速かつ安全に顧客をオンボーディングできます。 生体認証は、オンボーディングプロセスにおける摩擦点を排除し、コンバージョン率の向上金融包摂の向上顧客による銀行業務体験の向上につながります。

実際の使用例指紋リーダーは、アルゼンチンの銀行での登録と本人確認の容易化、詐欺の防止、コスト削減の改善に成功しています。     

継続的な顧客認証と検証のための生体認証

生体認証は、口座にアクセスして管理する方法を簡素化すると同時に、銀行の顧客での KYC およびマネーロンダリング防止 (AML) の要件の遵守を可能にします

安全な本人認証と検証は、顧客が銀行取引を選択するたびに、シンプルな外観 (顔認識を使用) またはタッチ (指紋を使用) で実現されます。 スキャン結果は、オンボーディング中にユーザーから提供された生体認証データと照合され、不正行為や規制違反のリスクの軽減に使用されます。

実際の使用例: シンガポールのある著名な銀行は、高速で正確な生体認証の提供によってセキュリティを強化し、顧客体験の向上に成功しています

安全な ATM サービスのための生体認証

ATM のエクスペリエンスを向上させながら従来の PIN やカードをシンプルで摩擦のない生体認証サインオンに置き換えて最大限のセキュリティを維持します。

ATM は、銀行のロビーから繁華街の歩道に至るまであらゆる場所にあります。そのため、生体認証センサーは実際の条件下で確実に動作する必要があります。 HID の特許取得済みマルチスペクトルイメージング (MSI) 技術により、指紋リーダーと顔認識カメラは、厳しい照明、悪天候、撮影が困難な指紋/顔に関係なく、高いマッチング性能を発揮します。  

また、これらの生体認証のイノベーションは、不正行為防止のための高度なプレゼンテーション攻撃検出 (PAD) を通じ無人のユースケースでのセキュリティを強化します

銀行員認証のための生体認証

person logging into laptop with fingerprint

銀行および金融サービスにおける詐欺スキームの約 50% は、内部の汚職に起因するものです。 そのため、銀行の従業員アクセスには強力な認証が欠かせません。

指紋や顔認識を使用した生体認証は、銀行のシングルサインオン (SSO) 多要素認証 (MFA) 戦略に簡単に組み込んで、銀行員に堅牢で安全なアクセスを提供することができます。 

実際の使用例: この連邦信用組合は、従業員の認証に生体認証によってより安全で効率的なアクセスを確保しています

HID の生体認証における最新開発情報


始めるのに助けが必要ですか?

私たちの専門家は、あなたの組織があなたの最初の動きを理解するのを助けるためにここにいます。

始め ましょう